スタッフブログStaff Blog

エコカラットプラス

湿度をコントロールする秋のリフォーム【ダニ・カビ対策】

  • 金子 恭子

最終更新日:2022年08月28日

つい最近、目の不調があり眼科にかかりました。

アレルギー性の結膜炎との診断でした。

秋の花粉症始まっちゃったかな?と不思議に思っていると

ハウスダストも増えてくる時期だしね・・・と言われました。

ダニが増えるのは梅雨の時期かと思っていましたが、

6~7月にかけて増えたダニが、9月になって温度が下がり大量に死ぬことにより、

死骸が発生して、ダニアレルギーを発症しやすくなるのだそうです。

また、夏に繁殖したカビを放っておいた結果、秋にカビが根付いてしまい、

取り除くことが難しくなることもあります。

またそれらのカビはダニの栄養源になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

そのため夏に発生したカビは、早い対策が必要となります。

 

そんなダニ・カビのお悩みの被害を最小限に抑えるためにも、リフォームで対策しませんか?

ダニには、増殖しやすい3つの条件があります。それは、「高温、多湿、エサが多い環境」です。

ダニの繁殖を抑えるには「湿度」の管理が非常に重要です。

カビが得意とする環境も、やはり高温多湿。

ダニと同様、まずは湿気をどれだけ除去できるかが、カビ対策のカギとなります。

 

①採風機能の付いた扉を導入する=『玄関ドア・リシェント 採風タイプ』

湿度の管理には、採風機能のある扉が有効です。

LIXILの玄関ドア『リシェント 採風タイプ』なら、採風構造によって扉を閉めたままでも換気ができ、

湿度管理だけでなく玄関の鍵を閉めたまま換気ができるので安全面でも嬉しい効果があります。

また、外の光も入りやすくなるため、玄関の明るさや雰囲気も変わります。

『リシェント』

https://www.lixil.co.jp/lineup/entrance/rechent_door/

 

➁壁材で湿度をコントロールする=『調湿壁材・エコカラット』

「エコカラット」には、1ナノメートル(1mmの100万分の1)という非常に小さな孔が空いており、

そこで空気の吸排出を行う画期的な壁材です。

湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を放出。湿度をほどよく保つことができます。

また、同時に嫌なニオイも吸収してくれるため、空気や匂いのこもりがちなキッチンや寝室に、ペットと

過ごすリビングなどあらゆる場所に適した壁材です。

『エコカラット』

https://www.ecocarat.jp/

 

商品のお問い合わせ、住まいのお困りごと、工事については、小沢工務店にお気軽に

お問い合わせください!

この記事を書いた人

金子 恭子

金子 恭子

「リフォームのことで相談したいのですが」とお気軽にお電話ください

  • 茂原店0120-015-926
  • あすみが丘店0120-548-800

【受付時間】9:00〜18:00
土日祝も休まず営業中!

メールでのお問い合わせはこちら

店舗のご案内Store

  • 長生郡市、いすみ市、大多喜町の方は茂原店

    〒297-0026 千葉県茂原市茂原1047-9

    MAPを見る 0120-015-926
  • 千葉市、大網白里市、九十九里町の方はあすみが丘店

    〒267-0067 千葉市緑区あすみが丘東3丁目32-1

    MAPを見る 0120-548-800